本が大好きで、小学校の時から図書室の本を借り出し
学校の行き帰りは、いつも歩きながら読んでいました。
5年生の時には、漢字合格者を階段から廊下へ
貼り出されるのですが、6年生を抜いてトップでした。
中学2年生に転校した学校では、図書部に入り、新刊を
読める喜びで嬉しかったです。
家で読むことが出来なかったのは、毎日手内職が有り
女は勉強など要らんと言う養父で、机も有りませんでした。
果物屋さんから、りんご箱を貰って来て、机にしていました。

こっそり起きて勉強するにも、豆電球に風呂敷を掛けて
見つからないようにしていました。
中3になると、副部長をしていたので後輩の1年生を
膝に乗せて読み聞かせることも有りました。

長男が幼稚園に入った時に、絵本の素晴らしさに出会い
家に近所の子どもや、幼稚園のお友だちを集めて
絵本の読み聞かせを創めました。
図書館に相談して家庭文庫の出発と、中央図書館の
読み聞かせも担当。選書委員にもなり、大阪屋さんの
卸の本屋さんの倉庫で、長い時間選書している日も
有りました。毎週お話会の日には、80名の子どもが
来ますので、小学生は2階で、お友だちのお母さんに
読んでもらい、私は、幼稚園から下の幼児担当をして
読み聞かせをしていました。
12年開いていた文庫も、夫の勤務体制シフト変更で
閉めることにしました。

inserted by FC2 system