2度目の入院が、クリスマスでした。もう、点滴をさす所が無く、
太ももからでした。何も食べれない日がら5日目「少しなら

食べていいよ」と、重湯が出ました。舐めるようにゆっくりと
食べました。美味しかったです。初日の出は、病院の窓から
見ることが出来感動でした。ミレニアム早々の2箇所の手術を
太陽に向かって、思わずお祈りしていました。
 
手術の前日に先生から「声が出なくなるかも、調べた肉腫は
大丈夫だったけど、開けて見ないと裏側は判らないから」と
言われても覚悟は出来ていました。
6時間程の手術でしたが、麻酔で何も解らず、家族に声を
掛けられて、ぼんやりと気がつきましたが、めまいがするのと
息が苦しくて、酸素吸入をして貰いました。
部屋中が、ぐるぐる回る目まいは、4日過ぎると落ち着いて
きましたが、車酔いの気分の悪さは、しばらく続きました。
薬疹で、身体がかゆくなり、目の中まで掻きたい状態でした。
バランスが悪くなり、平熱が、34度〜35・3度と低く
もっとひどい日は、33・3度と驚く様な体温の低さでした。
これが、機能低下症で、内臓の働きも悪くて、食べても
満腹も空腹も感じず、寒くて大変でした。

桜の咲く頃から、自転車を杖代わりに5分の散歩から初め、
1時間歩けるようになり、プールの中を30分にしました。
景色も人の顔もぼんやりして、目まいもする怖い状態でした。
ジムで、ゆっくりと軽くエアロバイクを漕いで3日目から
汗が出だして、周りが明るく成って何もかもが、はっきりと
見える様に成ってきました。

毎日無理をせず、ジムでの有酸素運動バランスの良い食事
排泄、足心を心掛け、2年目から、排泄の感覚が戻り、
体温もやっと36・5度となり、内蔵も働き出しました。
発病してから4年掛かりましたが、日々元気になってきて
嬉しいです。

inserted by FC2 system