長男の小学校で地区委員をした時に、野球の出来る公園が無い
指導者がいない等の悩みを聞き、学校をお借りして
スポーツ少年団を作りました。120名の団員と20名のコーチで
軟式野球のチームを発足しましたが、他の団は、20名位の
団なので、そんなに多くては、笑われました。
学年別にチームを組み、試合に臨みましたが、打つなりサードに
走る子、キャッチャーミットで、ファーストを守る子。色々な
ハプニングの連続でした。私は、団育成の指導と、コーチへの
全般的なアドバイス、指導統一、団員の規律訓練をしました。

初めての夏の大会には、市で優勝していたので府の大会へ
進みましたが、3回戦で惜しくも負けました。
この試合に向けて私が取り組みましたのは、挨拶の仕方です。
試合の始めと終わりには、必ずするので帽子を脱いで
頭を下げ「お願いします」と言ってから、おなかの中で1・2・3と
数えてから頭を上げる。終わりは『有難うございました」です。
ゆっくり頭を
上げる事で、相手のチームに負けても爽やかさが残り
大会委員長から、チームがほめられました。

あれから27年ほど過ぎましたが、どのチームも挨拶が
きれいで心が伝わるようで嬉しいです。

団を作ってから、15年間たまからが病気をするまで
毎朝、学校のグランドで参加したい子だけ柔軟体操と
マラソンをするための早朝トレーニングをしていました。
私は、走れないので柔軟とラジオ体操の指導をしていました。
転校した子が、定期を買って毎朝参加する時も有りました。
たまからのリハビリのため、団運営全てを、お願いして
心残りでしたが、手を離しました。サッカーとバレーの
チームも併設していましたが、これもお願いしました。

inserted by FC2 system