お花を習うとは考えてもいなかったのですが、叔母が、「あんたは、
親が無いのだから、お花を習って資格を持っていたら
嫁入り道具に
なるから」と言って、近所に出張稽古に来られていた先生に申し込まれて
しぶしぶ出掛けました。夜の8時から、お稽古が始まるので、会社に行ってても
頼まれものの人形を作っていても、困る時間帯ではないので・・・
 習いながら、ノートにスケッチと要点ポイント、用語など書き記していました。
終わって、ご挨拶しょうとしたら「ちょとノート見せて」と私の側に来られました
お見せすると、眺められたら、すぐに次のページに地図と住所、電話番号を
記され「今週の日曜日10時に来て下さい」との事。

何も解らずに寄せて戴きますと、大勢集まって来られて研修会が始まりました。
 休憩の時「あんたさん見かけない顔やけど、いつ師範披露されたん」との声。
驚いてしまいました。入ったばかりの者を、右も左も解らないのに参加させて
何と言う事だろうと不思議がっていると、「お昼用意しているから、おいで」と
違う声が掛かるので、ついて行くと先生が居られて「よう来られたな」と笑顔。
ほっとしていると案内して下さった方が、「私は、副家元ですが、この人が
家元です」と紹介され、何と場違いな所に来てしまったのかと戸惑っていると

あなたの習う態度、ノートの絵、ポイント全て素晴らしい、
師範以上と判断したから研修会に来てもらったのです」
びっくりの連続でした。それが、花道家として歩く第一歩でした。

あちら、こちらの展示会が有る度に、お家元は、連れて行って
下さり、その主催のお家元に紹介して戴けました。
有名な流派のお家元さんも、展示会や国華会(大学の勉強)で
お会いしても、いつも声を掛けて戴けました。

25歳で結婚した時には、自宅と職場に100人以上の
お弟子さんを抱えていました。


inserted by FC2 system