目の疲れには

目は、使いすぎただけで弱っているのでは
有りません。肝機能の流れが悪いのです。
手足の親指、小指を 優しく押し込むように
ゆっくりと回したり、揉んだりして
柔らかくしましょう。

両方の手で、押し上げるようにしてね。
A. グウーをするように握り、親指の第1関節を
  眉頭に当てて60回(1分間)

B. 人さし指で目頭を60回

C. 小鼻の横、ほほ骨を60回

D. こめかみ(太陽)に親指を当て
  人さし指の腹で 眉毛の下を軽く撫でる。
  16回

E. こめかみに当てて、人さし指を目の下に
  当てて16回

寝る前、起床時 ふとんの中で簡単に
出来ますから、続けてね・・・

手の平を合わせて、30回位こすって、温かくなってきたら
手の平の中心(労宮)を、まぶたに当てて30秒。
目をつむったまま手を離して、明るい方を見ると
まぶたの中が、オレンジ色に見えますので、其のまま、暫らくすると
赤みが無くなるので そう〜っと目を開けてね。

inserted by FC2 system